> カテゴリ
全体
関連
案内
意見
画像
未分類
> メモ帳
> 桃花台線代替バス、渋滞で遅れ>読売新聞より
 こんなニュースありました。

 2006年10月29日 読売新聞(中部版より、web版も)

 アドレス↓
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/061029_1.htm

 以下内容。

 多額の累積赤字で廃止された愛知県小牧市の新交通システム「桃花台線」に代わって運行が始まった代替バスが、早くもダイヤを見直すことに。

 通勤時には渋滞に巻き込まれて運行が大幅に遅れ、想定以上に乗客が集中しているためだが、増発便として2便設けるとの事。

 桃花台ニュータウンから名鉄小牧駅まで運行する代替バス「ピーチバス」のルートとなっている国道155号線は平日の朝になると渋滞することから、県は当初、ラッシュ時の両区間の所要時間を25〜30分でダイヤを設定した。ところが、実際に運行を始めると、15分も遅れる状態が続いている。県は「乗客の乗り降りに、予想以上に時間がかかっている」と釈明するのだが・・・・・・(平日の平均利用者は約2200人、休日は8〜9百人程だが、朝の混雑は深刻だ)。

 バスを運行するあおい交通は12月11日から午前7時台に2本増便することを決め、県も改善策を探るため、利用者にアンケートを実施することにした。

 一方、運営会社の桃花台新交通が当初、10月中に開く予定だった臨時株主総会は、出席者の都合がつかず、11月以降にずれ込むことに。会社の解散決議を得ないと資産を処分できないため、清算業務は手つかず状態とのことだが。

---------------------------------------------------------------------

 バス増便の感想としては、 確かに、ダイアの改善を行なっても実際の渋滞の改善がなされない限り、本数を増やしても、とは思えるが、ただ、お客さんの運賃精算にかかる時間のロスや、満員のためのスペースの譲り合いの作業も減るため、一定の遅れ解消にはなる。

 また、この際、運賃精算業務スピードを上げるため、桃花台センター等の乗車人数の多い停留所へのあおい交通職員の派遣(切符購入等でバス停前の運賃精算を行なう事での効率アップ)や、小牧へ向かうバスに関しては一部快速便を設けるのも有効だろう(桃花台内各バス停停車→小牧までノンストップ)。快速バスは国道155号線のバスベイに入らないため、その分のタイムラグを解消出来ると思うが。なお、運賃精算の簡略化もあって敢えて快速バス案は小牧原を通過させている事に注目したい。
[PR]
by peachliner | 2006-10-30 19:35 | 関連
今年9月に廃止になる桃花台線について、今後の使い方や様々な人の見方を検証するブログです
by peachliner
> ライフログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧